評価

開発
製造
  • 製品設計の後、試作機を作製していきます。信頼性、安全性をご提供するために、作製、評価、改良を繰り返し行い、品質の向上に努めます。
  • 各種電気特性の評価、改良も繰り返し行い、製品仕様を満足する性能を確保していきます。
  • 各パーツには寸分の狂いも許されない技術力が要求され、図面通りに作製されているかチェックし、全てのパーツは一切の妥協なく作り上げます。
  • 外部機関にてSマーク(※)認証の審査を受け、認証後、ようやく製造体制が整います。※電気用品安全法を補完し、電気製品のより安心安全のための第三者認証制度です。 Sマークは法律で義務付けられたものではありませんが、電気製品を購入するときの目安になります。